前へ
次へ

インターナショナルスクールの入試の特徴

インターナショナルスクールの入試には、親の面接もありますがその場合ネイティブ並みの英語力が必要になります。英語圏で生活したことがない親にとっては、この面接が一番憂鬱なのではないでしょうか。ちなみに数枚にも及ぶ願書も英語で記入しなければなりません。親はネイティブ並みの英語力を求められますが、父親か母親のどちらかだけでOKなので、パートナーの英語力が高ければ自分の英語力が低くても問題ありません。面接では通常、校長先生や受験学年の担任などが対応するので、もちろん英語での面接となります。相手はもちろんネイティブです。見事合格してインターナショナルスクールに通うことになったら、今度気になるのは卒業後の進路なのではないでしょうか。日本の大学に行くのか、それともアメリカやヨーロッパの大学に行くのか、幅広い選択ができるようになります。ただし一つ注意しなければならないのは、日本の大学を受験する場合は大検などを受けなければならない点です。インターナショナルスクール出身だと入学資格がない場合もあるので注意しましょう。

Page Top