前へ
次へ

インターナショナルスクールの入学者増加の理由

子供のうちから英語に親しむ環境を作ることで英語を自然に身につけさせたいと願う親は多く、幼いうちから入れるプリスクールと呼ばれるインターナショナルスクールに入学させるのは、今や当たり前となりました。一般的な幼稚園や保育園に比べると、教育施設という色合いがより強くなりますので、働くために子供を預けるための幼児保育施設ではなく、勉学に重きを置いた教育機関という色合いが濃いのが特徴です。プリスクールから小学校、中学校、そして高校まで、一貫してインターナショナルスクールに通う子が多くなった背景には、日本の英語教育では英語が一向に身に着かないということへの不信感が大きいと考えられます。実際のところ、外国人からは日本人が使う英語は難しすぎて分からないという声が多いことから、より実用的な英語を苦労することなくマスターするにはインターナショナルスクールほど最適な教育機関はないという考えに行きつくのも、親の心情としては無理からぬところです。

Page Top